勃起しない(ED)原因と対策

勃起しない(ED)原因と対策

ED

勃起しない、いわゆる勃起不全やEDは、加齢によって生じやすい症状です。

程度には段階やレベルがあって、深刻なケースではペニスの反応が全くなくなります。

性欲が起きずにムラムラしなくなることもあるので、男性なら誰にとっても問題です。
初期に感じる変化は人によりますが、症状が軽微な場合は気持ち良さが減少します。
感度が低下するとも言い換えられますが、何か普段と違うと気が付く程度です。
EDが進行すると勃起の持続が難しくなり、最後まで維持できなくなるようになります。
更に、勃っているのにフニャフニャしている、あるいは興奮したり勃つのに萎えるといったことが起こります。

ムラムラする性欲はあっても、ペニスに反応がなければ強くEDが疑われます。
この症状は中期以降のEDによくあるもので、深刻さに気が付くレベルともいえます。
全く反応しなくなった場合は、単なる加齢とは比べものにならないほど深刻なので、自力で改善を目指すのは困難です。

これよりも深刻さが低いケースなら、生活習慣や取り組み方で改善できる可能性があります。
いずれにしてもEDは生活の質に影響するので、気が付いたら早めに対応することが重要です。
ムラムラするから大丈夫、そう思い込むのは間違いなので、ペニスに違和感を覚えたら気を付けましょう。

なぜ勃起しないのか?

ED(勃起不全)には器質性勃起障害と混合性勃起障害という種類があります。

器質性勃起障害

器質性勃起障害は血管や神経の働きなど、物理的な要因が原因で勃起しないのが特徴です。

ペニスの勃起は血液の充満によって起こるので、血流が良くないと問題が生じます。
神経性のEDは脳とペニスの神経伝達が上手くできない状態なので、必要な時に勃起させられないわけです。

他の病気が原因で血流、または神経が正常に働いていない場合も、器質性勃起障害としてED(勃起不全)が現れます。
手術を受けた後や外傷でペニスが傷付いた際も、器質性勃起障害が生じる恐れが強まります。
一方で前者の混合性勃起障害は、心因性の原因も相まってED(勃起不全)に至ってしまう病気です。

混合性勃起障害

混合性勃起障害では勃起に必要な2つの要素が欠けてしまい、上手く血流が流れなくなったり反応しなくなります。

血管が狭まり神経が傷付く糖尿病は、混合性勃起障害を招く大きな要因の1つです。

男性ホルモンの減少も引き起こされるので、糖尿病の放置はED(勃起不全)のリスクを高めます。
血液透析が必要なほどの腎不全は、精神的なストレスの心因性と相まって、テストステロンの減少を招き混合性勃起障害へと至ります。

泌尿器科の疾患では、慢性的な前立腺炎もリスクを上昇させる要因と考えられています。
骨盤に収まる内臓の手術を受けた場合も、血流量の低下や心因性の原因が組み合わされば、血液が上手く充満しなくなり勃起不全に陥ります。

心因性の面では性的な興奮が高まらなかったり持続しないなど、勃起のトリガーとなる切っ掛けが不足します。

興奮を感じさせたり伝達させる男性ホルモンの減少も、EDを発生したり深刻化させる要因に加わります。
混合性では症状の前提として、血管や神経に物理的な傷が付いている条件が不可欠です。

男性機能の低下や上手く勃起しないことで、勃起不全の状態は悪循環に繋がります。
大切なのは症状のタイプを見分けて、最適な改善の取り組みや治療を早めに行い始めることです。

勃起しないペニスを改善する方法

勃起しないペニスは、ED治療薬(勃起薬)で改善効果を引き出すことができます。

精力剤でも回復することはありますが、結果が得られるのは症状が軽微な場合に限られます。

深刻な状態には対応できないので、全くペニスの反応がない時は、医師に相談してED治療薬(勃起薬)を処方してもらうのが理想的です。

ただ精力剤でも一時的な改善を得たり、少し硬くする補助として使うことはできます。
精力剤を試してみても駄目な場合は、素直に医師に見てもらう必要があります。
ED治療薬(勃起薬)は神経伝達や血流に働き掛け、勃起不全の回復を根本からサポートしてくれます。

 

医師は器質性や混合性の判断も行えるので、効果的な治療法を見付けたい場合の頼りになります。
ED治療薬(勃起薬)症状の改善も一時的なものですが、精力剤とは比べ物にならない変化が起こるのが魅力です。

全く反応がない人でも変化が見られますし、半勃起状態で硬くならない人も、以前のような硬さを取り戻せる可能性が高まります。
これらは勿論、器質的な勃起の素材要因がなかったり、予め取り除いておくことが前提です。
医療機関であれば、並行的な同時治療も行えますから、混合性で悩んでいる人にとっても朗報です。

薬を試して変化が見られる時は、今後も十分に改善して行ける余地があります。
長く放置していると治療が長期戦になるので、ゆっくり焦らないで取り組むことがポイントです。
医師が処方してくれる薬には、勃起が必要な時に合わせた使用法の説明も行われます。
大抵は本番の数時間前に服用して、少しずつ薬の効果が現れるのを待つことになります。
空腹の状態やアルコールは薬の作用に影響するので、必ず医師の説明通りに服用することが不可欠です。

薬でペニスが硬くなったり変化を感じた場合は、運動や食事の見直しも並行すると効果がアップします。
禁煙や断酒、筋トレの取り組みも有効とされているので、複数の取り組みを同時に行うこともコツだといえるでしょう。

精力剤を使うことでペニスはもちろん身体的にも改善

精力剤は補助的な存在として、有効活用できるアイテムの1つです。
数ある成分の内、カフェインはストレスを軽減して気持ちをリラックスに導きます。
栄養成分は不足しがちな栄養の供給を行い、傷付いた細胞の修復を助けたり疲労回復を促します。
これらの作用は、勃起機能の改善に有用なので、自信を維持したり身体の状態を保つのに役立ちます。

ペニスの状態が良好に保てれば、パートナーと無理なく仲良くできたり、夜の生活が楽しめるようになります。
精力剤の力を借りることで、ペニスや身体的な状態が改善できるなら、積極的に活用してみるだけの価値があります。
パートナーとの仲は、男性の自信に深く関わるので、末永く仲良くできることが肝心です。
不仲はストレスを引き起こしたり、勃起不全の引き金や悪化要因に変わります。
ストレスを上手く回避してパートナーと仲良くすることは、男性機能の維持や勃起不全の回避に結び付きます。

その取り組みを助けるのが精力剤で、手頃な入手性や価格ながらも、多くの男性を陰ながら支えています。
ペニス的には、ストレスや血流を阻害する疲労などの要因が取り除かれ、無理なく勃起機能が発揮できるようになります。
身体面では肩こりや目の疲れ、そして集中力の低下といった、性的興奮を邪魔する要因が取り除けます。

精力剤のみに頼るのは難しいですが、補助的に使うことで良好な状態を保てる確率が上がります。
パートナーも精力剤を服用すれば、お互いに元気良くなれたり、興奮状態が高まって仲良く良好な関係が保てるでしょう。

勃起機能の改善はほどほどではあるものの、身体的には全身に良い影響があって、何時でも頼れるのが精力剤の良いところです。
勃起機能が今より良くなったり改善できれば、生活の質は上がって人生の価値も向上します。
年齢と共に、人は疲れやすくなったり身体機能の低下を感じるケースが増えます。
そんな場合に頼れるのが精力剤で、元気がない時のサポーターとなってくれます。